㈱ 権太呂食品 採用情報

先輩に聞いてみました!権太呂の魅力

金閣寺店「笑顔自慢の”看板娘”」

金閣寺店「笑顔自慢の”看板娘”」

上羽 政美

権太呂の「うどんすき」を皆で集まって食べることもあります。 「やっぱり権太呂のうどんは美味しいね!」とか「これはお客様にもオススメやね!」とか口々に言いながら(笑) 朝8:00からお店にいるメンバーも、23:00に仕事が終わるメンバーもみんな集まってくる仲の良さが自慢です。

 入社したきっかけはなんですか?

せっかく京都で仕事をするのだから着物を着てできる仕事がしたいと思っていました。上品な雰囲気の店で働いてみたいと思って、出会ったのが権太呂です。 着付けも学べましたし、なにより着物を着たら背筋が伸びて「プロ意識」に火がつくんです。

 会社の一番の魅力はなんですか?

修学旅行生や、観光客、常連さんから何とタレントさんまで。幅広いお客様とふれあえる事です。 年齢も様々なお客様とのふれあいの中で学ぶ事がたくさんあります。 私が大切にしているのは一期一会。京都って観光客が多いでしょ?一度きりのお客様も多いんです。 たくさんのお客様に覚えて頂けるような接客ができるようになって私の「女度」をUPさせます!

 入社して一番うれしかったことを教えて下さい?

お客さんに、自分の名前を覚えてもらえた時や「いつも笑顔で、元気がでるよ」とほめてもらえるとすごく嬉しいです。 以前、お客様から「3年前にも来店したことがあって、そのとき、あなたの笑顔がすごく印象に残っていたんです。 またあなたに会えるかなと思って、来たんですよ」との言葉を頂きました。 1人ひとりのお客様との出会いを大切にしているとこんなに嬉しい出会いがあるのか、と感動しました。

 これまでに乗り越えた一番大きな壁は何ですか?

壁は作りません。
常に上を目指すことを考えています。自分で壁を作っちゃったら、その先の成長がないと思うんです。 だから意識して、壁を作らないようにしています。

 仕事をする上で、日々大事にしていることは何ですか?

どんな時も笑顔をたやさず、お客様との何げない会話を大切にしています。 権太呂の店内ではBGMを流さないんです。だからだと思うのですけど、お客様との会話が多いんですよね。 会話のタイミングを察することができるようにもなりました。接客の力が身についた実感があります。

 将来の夢は何ですか?

将来は旅館の女将さんのように、お店の看板を背負えるような存在になりたいです。

 社内の雰囲気について教えて下さい。?

幅広い年齢のスタッフで仕事をしています。お父さんや、おじいちゃん程、歳の離れた先輩もいます。 まるで家族のような雰囲気の職場です。

目指せ”笑顔No.1!”

目指せ”笑顔No.1!”

中務 裕子

(2009年度新卒入社/京都ノートルダム女子大学卒業)

もともと、人前に出るのが苦手なタイプ。 そんな自分を変えたくて、自分にとって厳しい環境「接客業」を選びました。少しずつですが「人前で自分の意見が言える」ようになり成長を実感しています。

 入社したきっかけはなんですか?

大学の就職課からの紹介がきっかけでした。
大学を卒業すれば岡山の実家に帰るか、京都で就職して頑張るか、2つの道を前にして迷っていた頃です。 周りに流される自分を変えたいと就職課のメンターの方に相談したところ、権太呂を紹介してもらいました。 説明会に参加すると参加者は私を含めて2人。 たった2人の参加者に、真剣に会社のことを語ってくれる専務の熱意に心を動かされました。 面接で私は「笑顔でも何でもいいので、自分が1番だと言えるものがほしいのです」と伝えました。 志望動機らしいものもなく、ただ自分を変えたい。そんな私の目標は、笑われてしまうかもと思ったのですが専務は真正面から私の話を受け止めてくれました。 「1番を目指すのはいいことですね。 権太呂も1番を目指して頑張っているんですよ」私のことを認めてくれた、その専務の言葉が入社の決め手でした。

 会社の一番の魅力はなんですか?

権太呂の一番の魅力は、仲がとても良いところだと思います。 社員同士が仲が良いからこそ、本気でぶつかり合い、自分の意見が言える、風通しのよい会社だと思います。 駄目なところは駄目、でも「ここは良かった」と次へのアドバイスがもらえることが日々の成長につながっています。

 入社して一番うれしかったことを教えて下さい?

お客様に「ありがとう」と言われることが嬉しいです。 人前で話をするのも苦手だった私にはとても大きな前進なのです。 まだまだ、できることが少なくお客様に満足していただけるところまで到達していないですが、お客様が笑顔で帰っていかれるのを見るととても嬉しくなります。これから、もっと嬉しいことが増えるように頑張ります。

 これまでに乗り越えた一番大きな壁は何ですか?

入社してまだ1ヶ月なのでありません。 小さな壁を乗り越えながら、少しずつ成長しています。

 仕事をする上で、日々大事にしていることは何ですか?

常に向上心を持つことを心がけています。 「どうすれば、もっといい仕事ができるのだろう」と探究心を持って行動しています。 まだ、言われて気づいて、行動を改めることが多いです。いろいろな所に目を配り、自分から行動できるようにしたいと思っています。

 将来の夢は何ですか?

まだまだ覚えることが多く、早く1人前になれるよう頑張っているところです。 将来の夢はまだありません。これから、ゆっくりと考えたいと思っています。

 社内の雰囲気について教えて下さい。?

入社して間もない私ですが、あっと言う間に社内に溶け込んでしまいました。 社員皆がとても元気なので、明るく楽しく仕事に取り組めます。

岡崎店 接客は天職です!

岡崎店 接客は天職です!

吉田 市蔵

接客は天職です。
お客様への心配りを大切にする権太呂の一員として1人でも多くのお客様を幸せにしたいです。

 入社したきっかけはなんですか?

昨年の7月まで滋賀県の旅館で副支配人をしておりました。 家庭の事情で退職することになり、地元の京都で働きたいと、サービス業接客業の仕事を探していたところ権太呂と出会いました。

 会社の一番の魅力はなんですか?

とにかく元気がいい、活気にあふれている、社員全体に向上心がみなぎっている。
週1回、全員で集まりミーティングをしています。 例えば「わらび餅が品切れになってしまったのは何故か?」「スタッフ同士がぶつかって、器を割ってしまった。原因はなにか?」といった内容のミーティングです。 些細なことでも、皆が集まって真剣に考えるから反省が次に活かせるのだと考えています。 まだまだ、伸びしろの大きい会社だと思います。

 入社して一番うれしかったことを教えて下さい?

タクシーの運転手さんが、「京都のそばと言えば権太呂やで」と乗客に薦めてくれたことが一番嬉しかったですね。 私は途中入社ですので、入社が決まった時、よし今までの経験を最大限生かしてこの会社の為に貢献しよう、と意気込んで入社したんです。 嬉しいことがあると、さらにやる気が増してきました。

 これまでに乗り越えた一番大きな壁は何ですか?

一日一日が、小さな壁の連続で、毎日反省しながら、仕事をしています。 権太呂の信条の1つに「私たちは人格の向上、調理技術の上達に努めましょう」というのがありますが、この歳になってなお周りの若い社員から人格の向上をさせてもらっていることに喜びを感じます。

 仕事をする上で、日々t大事にしていることは何ですか?

自分の心に秘めて、接客している事は、「一期一会」。 おそば一杯、おうどん一杯のお客様に笑顔で「おいしかったよ。またくるよ」と言ってもらえるようにどのように接客するか、毎日が勉強です。

 将来の夢は何ですか?

まずは、権太呂を京都一の店にする事。 次に狙うのは「また来たい店No.1」「お店のファンの数No.1」。
必ず出来ると思います。

 社内の雰囲気について教えて下さい。?

大会社ではありませんので、社長が社員みんなの事を見ていてくれている感じがします。 社長から「どう思う?」と意見を求められることも多くあります。しっかり自分の意見を伝える機会があることが嬉しいです。 社員全員が仕事に対して前向きです。誇りを持って働ける会社です。

 お電話・FAXでのお問合せ