みぞれ鍋

創業明治43年、うどん・そばの名店。こだわりの出汁(だし)の京都権太呂 みぞれ鍋

甘味ます蕪を堪能

すりおろし蕪を「みぞれ雪」に見立てた、厳冬だけの限定鍋料理。
すぐそこの春をお雑炊で表現しました。

創業明治43年、うどん・そばの名店。こだわりの出汁(だし)の京都権太呂 みぞれ鍋

[商品内容(2人前)]
【みぞれ鍋】擦りおろし蕪 約400g、白焼き穴子、鶏肉、椎茸、六条麩、金時人参、角餅、せり、季節麩、だし300ml 1袋、合わせだし300ml 1袋
【早春・焼き雑炊】蕗の薹を載せた焼きご飯 約300g、 菜の花、柚子皮、だし300ml 各1袋

[消費期限] 製造日より4日 (冷蔵)

*ご進物の場合、在宅確認必要をお選びいただきましたら、電話・はがきにて先様にお届け日のご相談をした上で、お届け致します。

みぞれ鍋 二人前

[価格] 2人前 7,560円(税込)
お届け期間
1月10日~2月12日
※お選びください
在宅確認 個数

みぞれ鍋 三人前

[価格] 3人前 9,720円(税込)
お届け期間
1月10日~2月12日
※お選びください
在宅確認 個数

■晩冬~早春■

[旬の醍醐味]

自慢のお出汁を鍋にはり、みぞれに見立てた蕪をたっぷりと。穴子や旬のせり、金時人参など、厳冬のご馳走具材を散らし入れ、はふはふフーフーいただきます。 まずは、体の芯からポカポカとあたたまるみぞれ鍋。そして締めには春の息吹にときめくお雑炊。 寒中の今だからこそ味わえる、とっておきの鍋に仕立てました。


「厳に甘み湛える蕪」
創業明治43年、うどん・そばの名店。こだわりの出汁(だし)の京都権太呂 「厳に甘み湛える蕪」

冬を代表する根菜「蕪」は、とろける軟らかさと上品で甘味のある味わいが特徴です。皮は分厚く筋を残さないようにむき、きめ細かくなめらかな食感になるようすりおろし、塩分を加え甘みを引き立たせます。


「旬の彩り具材」
創業明治43年、うどん・そばの名店。こだわりの出汁(だし)の京都権太呂 「旬の彩り具材」

甘くとろける「蕪」との相性で選びました。せりと金時人参は食感と香味、六条麩と白焼き穴子はコク、こんがり焼餅は香ばしさ。それぞれみぞれ鍋をさらに美味しくする彩り具材です。


●〆のお雑炊にひと工夫いたしました

「春待ち・焼き雑炊」
創業明治43年、うどん・そばの名店。こだわりの出汁(だし)の京都権太呂 「春待ち・焼き雑炊」

締めのお雑炊は、香ばしく焼きあげたご飯をとろ~り玉子でとじて。 雪見仕立てのみぞれ鍋の次は、春を告げる息吹が顔を出します。ほろにがい「蕗の薹」を混ぜ込んだご飯は香ばしく焼きあげてお届けしますので、締めのお雑炊としてご利用ください。また「菜の花」や「黄柚子」は、お雑炊に散らし入れ、コクの中に春の苦味もお楽しみいただき、うつろう季節を感じてくださいませ。

オンラインショップ
自慢のだし(出汁)を使ったうどんやそばが有名な京都 権太呂の祝かさね鍋早期御予約 自慢のだし(出汁)を使ったうどんやそばが有名な京都 権太呂の祝い鍋早期御予約 自慢のだし(出汁)を使ったうどんやそばが有名な京都 権太呂のお料理手帳 自慢のだし(出汁)を使ったうどんやそばが有名な京都 権太呂の一汁のレシピ 自慢のだし(出汁)を使ったうどんやそばが有名な京都 権太呂の売れ筋人気ランキング 自慢のだし(出汁)を使ったうどんやそばが有名な京都 権太呂のお客様の声 自慢のだし(出汁)を使ったうどんやそばが有名な京都 権太呂の店舗案内
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 日は、出荷業務をお休みさせて頂きます。
  • 日は、商品のお届けができません。
  • の翌日、もしくは地域によっては翌々日のお届けができません。ご了承くださいませ。