株式会社権太呂食品

権太呂ブログ

膏薬辻子ーこうやくのずしー

■毎週日曜更新 権太呂スタッフの「旬な京都便り」

2014.08.14

みなさまこんにちは。林です。
今日は会社からもほど近い膏薬辻子にやってきました。
四条新町と西洞院の間にある小さな路地です。
にぎやかな四条通りからちょっと入っただけで、なんだか落ち着くたたずまい。


入り口には立て看板。
空也上人が、天慶の乱により戦死した平将門の供養に塚を建てたことから
「空也供養」の発音がなまり、細い道を表す「辻子」と合わせて
「膏薬辻子」と呼ばれるようになったそうです。

この地図の水色部分です。ゆっくり歩いても5~6分で四条通りから綾小路通りまで
抜けてしまします。(地図上が北です。)
四条通りから入って、ぶらりと歩いてみます。

ここはモノコトシルトさん。洋服の素材で着物を作っておられ
若い人に人気のきもの屋さんだそうですが、この日はお盆休みでした。残念。

どんつきを右に曲がると右手に「てくてく京都」さん。何のお店かと思ったら、
中から浴衣姿の方が出てこられました。
レンタル着物屋さんでした。

快く、ブログ登場にご了解いただいて、パチリ。
これから京都散策するそうです。いいですね~
  
  
アンティックな感じの着物がたくさんあって、お客さんでにぎわっていました。
バッグも充実。
京都はんなり屋「てくてく京都」さんのアクセスはこちら
http://kyotohannariya.com

てくてく京都さんの角を右に曲がると

またまたいい感じの路地が続きます。
左手角には
  
竹笹堂さん。木版のお店です。
  
木版で刷ったはがきや便せんに小物類、味があります。季節ごとに模様は変わるそうです。
浮世絵からポップな柄まで楽しめます。
2回に工房があって、彫師さん、刷師さんが制作しています。
木版画体験教室も行われています。楽しそう!
通信の教室もあって、日本全国のみならず、なんと海外にも生徒さんがいて
作品を送ってこられるとか。
  
彫師の野嶋さん。
ここに来たら野嶋さんが版画を教えてくれるかも?しれませんよ。
竹中木版 竹笹堂さんのアクセスはこちら 
http://www.takezasa.co.jp

  
さて、竹笹堂さんを出て左へ向かったどんつきには一休みできるカフェが…。
喫茶 㐂多西さんです。
ちょうどおなかが減ったので野菜カレーを注文してみました。

  
お店の中は香道の道具が置いてあったり
オーナー北西さんの趣味の小物がたくさん。
この喫茶店はまだできて1年ほどで、以前は和装の店をしていたそうです。
目立たないよう、こっそり(?)と営業しているのだそうです。
私が座っている間にも、北西さんのお友達が気軽に
「仏さんにお花もってきたわ」と来られたり、お店を手伝ってくれたりと
アットホームな雰囲気です。
  
カレーは彩りよく、繊細で本当に着物の柄のよう。
ぎんなんが入っているところが京都らしいですね。

北西さんをパチリ。ごちそうさまでした。


㐂多西さんを出て右に行くとすぐ綾小路に出ます。
ご紹介したお店の他にも居酒屋さん、茶道具屋さん(閉まっていたので、たぶんですが…)
などがあります。
ミシュラン一つ星獲得のお料理屋さんもあるそうです。
小さな路地ですが、町屋が並び、ちょっとほっこりできる通りでした。
小さな散歩にお付き合いくださいましてありがとうございました。
(林)

ちなみに、膏薬辻子四条入口あたりにはこんな看板が…。
本当でしょうか…。
どなたか男性の方、検証してください!