株式会社権太呂食品

権太呂ブログ

落下の雪 原谷苑

■毎週日曜更新 権太呂スタッフの「旬な京都便り」

2014.04.20


こんにちは、中西です。
本日ご紹介するのは、原谷苑の桜です。
市内の桜が葉桜に変わる頃、原谷苑の桜は見ごろを迎えます。

原谷苑は桜が素晴らしいだけでなく、妍を競うごとく咲く花々も楽しめます。

百花繚乱の様相です。
 
 
手前の地味な色合いの花はミツマタです。
先が必ず三つに分かれることから三叉、三枝とも書き
三枝の姓の語源と言われています。
和紙の原料として知られていますが、お札(紙幣)もミツマタから作られています。
沈丁花の仲間で、小さな花が集まってボンボンのようになり、甘い香りを放っていました。

この光景、近づいて見ると

屋根の上に雪柳が!種が風に飛ばされたのでしょうね。

年々有名になり、ツアー客も多く訪れる人気スポットです。
この日は風が強く、花びらが雪のように舞い降りたため
桜の下を歩いた人は皆花びらを頭に載せて帰ることになりました。
一様に桜が載っている様子は、ちょっとかわいくて自然と笑みがこぼれます。
先日の天声人語に「落下の雪」「空に知られぬ雪」という言葉があったので、早速タイトルに使ってみました♪
最後までお読みいただき、ありがとうございました。(中西)